ステップワゴン ハイブリッド

新型ステップワゴンがついにハイブリッドタイプを登場させる

ホンダのミニバンとして人気を集めている車種といえばステップワゴンでしょう。
現在ステップワゴンはガソリン車しかありませんが、2016年以降にはハイブリットカーが登場すると言われています。

 

今回はステップワゴンのハイブリットカーについて説明していきましょう。

 

ダウンサイジング化された新型ステップワゴン

ステップワゴンは、ダウンサイジング化された新型が発売されました。
このステップワゴンはガソリン車になります。

 

 

ダウンサイジングの1.5リッターターボエンジンでは、燃費が19.0km/Lと言われており、日産やトヨタの同じタイプの車と比べると圧倒的によいでしょう。
また200馬力を超えるパワーを盛っており、象徴的なスペックとも言えますし、ホンダらしさの象徴にもなっています。

 

ステップワゴンのハイブリッド

ハイブリッドカーと聞くと、プリウスなどのトヨタ車の車を想像しがちです。
しかしステップワゴンにおいても2016年度にはハイブリッドカーを登場させるのです。

 

製品の開発速度が遅くなりつつあるホンダですが、ステップワゴンのハイブリッドに関する研究は積極的に取り組んでいます。
次期ステップワゴンはトヨタの新型ノアやヴォクシーと同じようにハイブリットカーになるでしょう。

 

ミニバンの中では、ステップワゴンはヴォクシーに劣っている部分が多く、燃費性能もあまり良くありません。
しかしステップワゴンのハイブリッドは、直42.0L+モーターの予定になっていますよ。

 

そもそもハイブリッドカーって何?

ハイブリッドカーは違った仕組みを持っている2つ以上の動力を使っている車になります。

一般的にはガソリンエンジン、電気モーターの2種類のタイプが多いです。

 

逆に海外に置いては電気モーターとディーゼルエンジンが多いようですよ。
その他にも電気モーターと燃料電池式エンジンなどの混ぜ合わせもありますよ。

 

ハイブリッドカーは2種類以上の動力を使うことによって、車に搭載してある発電機を使用しながら自家発電を行って蓄電するシステムです。
蓄電するためには電気モーターを上手く組み合わせることが重要になるでしょう。

 

ハイブリッドであってもステップワゴンの価格はそれほどかわらない

今のところの価格は未定になっていますが、新型ステップワゴンは、他の対向車に比べても燃費が非常によく、ハイブリッドシステムが充実して組み合わされていくのです。
価格面も従来の料金とそれほど変わりません。

他社よりも安ければ、ローコストで押さえることができるでしょう。